国内ドラマ「龍馬伝」の見逃しを再放送している動画サイトまとめ

国内ドラマ

「龍馬伝」を無料で見られるって本当?!

でも画像が悪くて見にくいんじゃないの?!

そんなふうに不安に思われるかもしれません。

 

今回は、「龍馬伝」を無料で見られるのはもちろん、ハイクオリティな画質で見ることのできるお勧めの動画サイトをご紹介します。

見逃してしまったあのドラマ、職場で話題になっていたあのドラマも、原則として1週間無料で視聴することができます。

ご参考までに、作品の紹介Wikiはこちら

「龍馬伝」を無料で見ることのできるサイト一覧

「龍馬伝」を無料で見ることのできる動画サイトには下記のようなものがあります。
見逃してしまったドラマなどを再放送により無料で1週間見ることができますので、「龍馬伝」やその他見たかったドラマが配信されているかどうか、ぜひチェックしてみてくださいね。

サービス名
Gyao!
AbemaTV
ニコニコチャンネル
TVer

※なお、時期やそれ以外の条件により、ご希望のドラマがこちらでご紹介している無料サイトでは配信されていない場合もありますので、予めご了承ください。
また、CMが多い場合や、画質にご満足いただけない場合もありますので、併せてご理解のほどお願いいたします。

上記でご紹介したのは、どれもきちんとした企業が運営・管理しているサイトです。

違法サイトではないので、安心して利用ができますね。

これらのサイトでご希望通り「龍馬伝」を見ることができる場合は、かなりツイていると思ってください。

もし「龍馬伝」が配信されていないという場合は、ぜひ下記でご紹介している裏技を試してみてください。

裏技って聞くと大丈夫かな?って心配される方もいるかもしれませんが、決して違法ではなく、合法で安全な裏技のご紹介ですので安心してくださいね。

 

「龍馬伝」を安全に無料で見ることのできる裏技とは?

それはずばり、有料の動画配信サービスのお試し期間を利用して、「龍馬伝」を見るという方法です。

大体の有料動画配信サービスは、無料のお試し期間が設定されています。
「〇〇は1週間お試し無料!」そんな広告を目にしたことはありませんか?

お試し期間を設けてサービスを試してもらうことで、ユーザーにそのサービスの良さを知ってもらい、サービスの継続利用を検討してもらうという目的のものです。

ユーザーがこのお試し期間中にサービスの解約した場合は、サービスの継続利用意思がないとみなされ、料金を支払う必要がないとそれぞれのサイトにきちんと記載がされています。
もちろん解約金や違約金もかかりません。

では、「龍馬伝」を見たい場合、どこの動画配信サービスが一番良いのでしょうか?
現在いろいろな動画配信サービスがあり、どれを選べばいいのか迷ってしまう、そんな声も聞かれます。

そこで、ドラマ全体の配信数の多さや、現在放送中のドラマの配信数、お試し期間の長さなどを徹底的に分析し、今回は特にお勧めの3社をご紹介します。

 
作品数 見逃し配信の有無 無料期間
U-NEXT 130,000本以上 あり 31日間
FODプレミアム 20,000本以上 あり(フジ系) 1ヶ月間
Hulu 50,000本以上 あり(日テレ系) 2週間
 

「龍馬伝」を見たいなら、お試し期間が最長のU-NEXTがお勧め!種類豊富なドラマが何と1ヵ月見放題!

とにかくドラマの配信数が多く、配信しているドラマのテレビ局が限定されていない点からも、U-NEXT(ユーネクスト)は1番のお勧めです。

月額利用料 無料お試し期間 配信作品数
U-NEXTを見る 1,990円 31日間 13万本以上

 

月額利用料は1,990円と他と比べて多少お高めですが、日本テレビ、テレビ朝日、フジテレビ、TBS、テレビ東京などすべてのキー局を網羅しており、それぞれのドラマが見放題です。

さらに、関西テレビと共同で制作されたドラマや、NHKの作品もポイントを利用することで見ることができます。

その他のメリットとして、マンガやライトノベルなど52万冊の取り揃えがあり、雑誌も70種類以上が読み放題です。

動画を見たり、マンガを読む際に利用できるポイントが、毎月1,200ポイント分もプレゼントされる点はとってもお得に感じますね。

面倒に感じる人が多い登録にかかる時間は最短1分と、とても手軽に利用開始ができて、煩わしい解約手続きも10秒で完了する点が自慢です。

龍馬伝を、テレビだけでなく、PC、スマホなどからも作品視聴が可能なのでとても便利です。

 

「龍馬伝」を見るなら、フジテレビ系列のFODプレミアムがお勧め!

FODプレミアムは、フジテレビが運営しているビデオ・オン・デマンドのサイトです。

月額 無料お試し期間 配信作品数
FODプレミアム 888円 1ヶ月 2万本以上

系列である、フジテレビ系のドラマが数豊富に揃っています。
過去のドラマ作品だけでなく、現在放送中の最新ドラマの見逃し作品も見ることができます。

 

その他のメリットとしては、100種類以上の雑誌が読み放題です。

毎月1,300ポイント分のプレゼントがあります。

面倒に感じる人が多い登録にかかる時間は最短1分と、とても手軽に利用開始ができて、煩わしい解約手続きも10秒で完了する点が自慢です。

とにかくドラマの種類が豊富!「龍馬伝」を見るなら、huluがお勧め!

日本テレビ系列の運営なので、日本テレビのドラマが豊富に揃っている点が特徴です。

月額利用料 無料お試し期間 配信作品数
Hulu公式 1,026円(税込み) 2週間 6万本以上

ビデオ・オン・デマンドの一般的なサービスとしては、見放題以外の作品ではポイントを使わないと見ることができない場合がありますが、Huluはすべての作品が見放題である点が特徴です。

huluは、海外・国内を問わず、すべてのドラマの種類がとても豊富なのが嬉しいところ。
国内ドラマは、日本テレビの作品が多いですが、日本テレビ以外にも他局のドラマも見ることができます。

これらのことから、huluは日本テレビのドラマをはじめとするいろいろなドラマが好きな方に特にお勧めです。

無料のお試し期間は他の2つと比べて多少短いですが、2週間あります。

面倒に感じる人が多い登録にかかる時間は最短1分と、とても手軽に利用開始ができて、煩わしい解約手続きも10秒で完了する点が自慢です。

日テレドラマ

龍馬伝のあらすじ

 

1回 上士と下士

天保14年(1843年)高知城下、幼い坂本龍馬(濱田龍臣)は、学問も剣術も苦手な泣き虫。土佐藩の厳しい身分制度の下、龍馬や岩崎弥太郎(渡邉甚平)は屈辱的な差別を受けていた。ある日、龍馬は上士の怒りを買い斬(き)られそうになる。母の幸(草刈民代)は、決死の覚悟で上士を止めるが、その事件がもとで病気が悪化し、息を引き取る。数年後、たくましく成長した龍馬(福山雅治)は、母の最期の言葉を胸に秘めていた。

ChromeCast対応

2回 大器晩成?

嘉永5年(1852年)秋、龍馬(福山雅治)は江戸行きを父・八平(児玉清)に願いでる。しかし八平は龍馬に堤防工事の差配役を命じる。半平太(大森南朋)や弥太郎(香川照之)も江戸行きを夢見るが、それぞれの事情が許さなかった。加尾(広末涼子)に縁談が舞い込み、悩んだ加尾は龍馬に告白する。一方、堤防工事は百姓たちの争いで遅々として進まず、困り果てた龍馬は策を企てる。八平は、そんな龍馬をひそかに見守っていた。

ChromeCast対応

3回 偽手形の旅

江戸での剣術修行を許された龍馬(福山雅治)は、溝渕広之丞(ピエール瀧)とともに土佐を出発する。そこに岩崎弥太郎(香川照之)が現れ、江戸行きの手形はもらったが、金がないから同行させてほしいと願い出る。土佐に残った武市半平太(大森南朋)は、剣術に打ち込んでいた。加尾(広末涼子)は龍馬への思いを断ち切れなかった。四国最後の番所で、弥太郎の通行手形が実は偽造したものだということが役人に見破られて…。

ChromeCast対応

4回 江戸の鬼小町

江戸の千葉道場に入門した龍馬(福山雅治)は、師範・千葉定吉(里見浩太朗)の娘・佐那(貫地谷しほり)の素早い剣に打ち込まれてしまう。龍馬が厳しいけいこを始める一方、佐那はひそかに龍馬に恋心を抱き始めていた。ある日、溝渕広之丞(ピエール瀧)に連れられていった飯屋で桂小五郎(谷原章介)と出会う。桂は日本に異国船が迫ってきていると説く。まさにそのころ、ペリー率いるアメリカ艦隊は日本を目指して航行中だった。

ChromeCast対応

5回 黒船と剣

ペリーの来航を受けて、幕府は各藩に江戸湾の警備を命じた。龍馬(福山雅治)も海岸警備に駆り出されるが、陣を抜け出して桂小五郎(谷原章介)とともに黒船を見に行く。黒船を目撃した龍馬は、圧倒的な西洋文明の強さを感じて、剣術修行を続けていくことに疑問を抱く。佐那(貫地谷しほり)の心配にもかかわらず、龍馬は千葉定吉(里見浩太朗)に剣が役に立たないのではないかと口を滑らせ、道場から追い出されてしまう。

ChromeCast対応

6回 松陰はどこだ?

道場を追い出された龍馬(福山雅治)に、佐那(貫地谷しほり)は定吉(里見浩太朗)に謝罪し再び修行を始めるべきだと諭す。しかし、龍馬は剣術修行の意味が見いだせない。再びペリーが来航し攘夷(じょうい)熱が高まり、土佐では岩崎弥太郎(香川照之)や武市半平太(大森南朋)が藩に意見書を提出。龍馬は桂小五郎(谷原章介)とともに吉田松陰(生瀬勝久)に会うが、松陰は自分にできることを始めるべきだと龍馬に説教をする。

ChromeCast対応

7回 遥(はる)かなるヌーヨーカ

剣術修行を終え江戸から龍馬(福山雅治)が帰ってくる。龍馬は弥太郎(香川照之)に誘われて河田小龍(リリー・フランキー)を訪ね、そこで西洋の文明がいかに優れているかという話を聞く。武市(大森南朋)は「異国船を打ち払うべきだ」と攘夷を主張する。小龍は黒船を見たという龍馬に興味を抱き、坂本家に押しかけて居座ってしまう。そのとき、父の八平(児玉清)が倒れてしまう。龍馬は家族をつれて異国を旅したいと父に語る。

ChromeCast対応

8回 弥太郎の涙

弥太郎(香川照之)の父・弥次郎(蟹江敬三)は、治水をめぐって庄屋と大げんかをする。龍馬(福山雅治)は弥次郎が男たちに殴られているのを目撃し、岩崎家の問題にかかわることになる。弥太郎は江戸から駆け戻り、奉行所に庄屋の不正を申し立てるが相手にされない。龍馬は弥太郎を誘い、土佐藩の有力者である吉田東洋(田中泯)に直訴する。しかし、東洋にもとりあってもらえず、弥太郎は奉行所の門に不正を訴える落書きをする。

ChromeCast対応

9回 命の値段

龍馬(福山雅治)は、再び江戸に剣術修行に来る。龍馬との再会を楽しみにしていた佐那(貫地谷しほり)だが、思わずつれない態度をとってしまう。武市半平太(大森南朋)は、桂小五郎(谷原章介)ら長州・水戸・薩摩の攘夷派たちと幕府の政を改めさせようと話し合っていた。そのころ、山本琢磨(橋本一郎)が商人の落とした懐中時計を拾って金に換えようとしていたことが発覚し、武市は山本に「責任をとって切腹しろ」という。

ChromeCast対応

10回 引きさかれた愛

江戸での剣術修行を終え、佐那(貫地谷しほり)に別れを告げた龍馬(福山雅治)は、土佐に帰り、加尾(広末涼子)に求婚する。そのころ、藩政改革を推し進める開国派の吉田東洋(田中泯)を排除しようと、武市(大森南朋)は保守派の柴田備後(北見敏之)に近づく。そして朝廷の攘夷(じょうい)派の動きを探るために、加尾を京に送りこもうと画策する。一方、岩崎弥太郎(香川照之)は、東洋に取り立てられて長崎へ派遣される。

ChromeCast対応

11回 土佐沸騰

江戸では井伊直弼(松井範雄)が水戸浪士たちに暗殺される桜田門外の変が起こる。土佐では上士によって下士が斬(き)られ、その仇(あだ)討ちで上士が殺されるという事件があった。上士と下士の対立は一触即発となるが、龍馬(福山雅治)が単身上士の屋敷に乗り込み事態を収拾する。吉田東洋(田中泯)は、龍馬を見込んで上士の身分を与えようとするが、龍馬は拒否する。一方、武市半平太(大森南朋)らは土佐勤王党を結成する。

ChromeCast対応

12回 暗殺指令

土佐勤王党に加盟した龍馬(福山雅治)は、長州に久坂玄瑞(やべきょうすけ)に会いに行き、「日本を異国から守るには、幕府や藩などにこだわっていてはだめだ」と言われる。武市半平太(大森南朋)は、土佐藩は攘夷のために動くべきだと吉田東洋(田中泯)に訴えるが、却下される。屈辱を味わった半平太は、東洋を殺そうと決意する。一方、喜勢(マイコ)と結婚した岩崎弥太郎(香川照之)は、藩の役人・郷廻りに起用される。

ChromeCast対応

13回 さらば土佐よ

弥太郎(香川照之)は、龍馬(福山雅治)の暗殺を命じられたが、実行できなかった。龍馬は武市半平太(大森南朋)が吉田東洋(田中泯)を殺そうとしていると知り、東洋に会いに行く。東洋が武市の言うような悪人ではなく、真に土佐藩のことを考えていると悟り、暗殺をやめるよう武市を説得する。その一方で、沢村惣之丞(要潤)から「勤王党に見切りをつけ、脱藩しよう」と持ちかけられ、龍馬の心はしだいに脱藩へと傾いていく。

ChromeCast対応

14回 お尋ね者龍馬

龍馬(福山雅治)は土佐を脱藩し、姿を消していた。吉田東洋(田中泯)を暗殺した武市半平太(大森南朋)は、藩を動かすまでの力をつけ、藩主・山内豊範(染谷将太)の上洛(らく)のため大坂に向かう。後藤象二郎(青木崇高)は龍馬が東洋暗殺の実行犯とにらみ、岩崎弥太郎(香川照之)と井上佐一郎(金山一彦)に龍馬の捕縛を命じる。大坂で弥太郎と井上の前に、龍馬がふらりと現れる。ふたりは刀を抜いて龍馬を追い詰める。

ChromeCast対応

15回 ふたりの京

龍馬(福山雅治)は加尾(広末涼子)に会うために京都へ向かう。武市(大森南朋)も京に入り、三条実美(池内万作)に会い、幕府に攘夷を実行させるため、勅命を持って江戸に行くことを提案する。収二郎(宮迫博之)は加尾に龍馬と会うなと告げるが、再会したふたりは一夜をともにする。そのころ、岡田以蔵(佐藤健)は暗殺を繰り返していた。加尾と龍馬、以蔵はもはや昔のようには戻れないと悟り、龍馬は江戸へと旅立っていく。

ChromeCast対応

16回 勝麟太郎

佐那(貫地谷しほり)と再会した龍馬(福山雅治)は、松平春嶽(夏八木勲)から紹介状をもらいうけ、勝麟太郎(武田鉄矢)の屋敷を訪ねる。勝の屋敷で出会ったのは、勝の弟子となった長次郎(大泉洋)だった。龍馬は勝の弟子にしてほしいと頼むが、勝は拒否する。続いて勝の屋敷を訪れた武市(大森南朋)の話を聞き、龍馬に興味を覚えた勝は、再び龍馬を呼び出し、弟子にすることを決める。勝は龍馬を品川の咸臨丸に連れて行く。

ChromeCast対応

17回 怪物、容堂

勝麟太郎(武田鉄矢)の弟子となった龍馬(福山雅治)は、ジョン万次郎(トータス松本)からアメリカの大統領制について聞く。勝は人材を集め、海軍を作ろうと考えていた。千葉道場に戻った龍馬は、佐那(貫地谷しほり)に自分の生きる道を見つけたと打ち明ける。佐那は龍馬との別れを覚悟する。勝は龍馬を連れ山内容堂(近藤正臣)に会い、土佐脱藩を赦免するよう頼む。龍馬は神戸に海軍塾をつくるため、江戸を離れることになる。

ChromeCast対応

18回 海軍を作ろう!

勝麟太郎(武田鉄矢)の弟子となった龍馬(福山雅治)と長次郎(大泉洋)は、大坂で勝塾への入門者を探しはじめる。偶然再会した土佐藩の沢村惣之丞(要潤)を説得し、仲間に入れる。武市(大森南朋)は、上洛(じょうらく)した徳川家茂(中村隼人)に確実に攘夷実行を朝廷に約束させようと画策。一方、過激な攘夷(じょうい)を嫌う山内容堂(近藤正臣)は、武市の動きを封じるために策をめぐらし、勤王党を分裂させようとする。

ChromeCast対応

19回 攘夷決行

将軍・家茂(中村隼人)は5月10日に攘夷(じょうい)を決行すると天皇に約束する。武市(大森南朋)は勤王党員とともに藩からの攘夷の命令を待っていた。龍馬(福山雅治)は、収二郎(宮迫博之)が藩の役人に追われていることを知って救おうとする。だが、収二郎は捕まり、期日に攘夷を決行したのは長州藩のみだった。失意のなか、収二郎を救うために土佐に戻ろうとする武市を龍馬は必死に制止するが、武市は土佐に旅立つ。

ChromeCast対応

20回 収二郎、無念

大坂で航海術を学ぶ龍馬(福山雅治)は、土佐で収二郎(宮迫博之)が投獄されたと知り、京の勝麟太郎(武田鉄矢)に会いに行く。そこで、勝塾の資金が足りないと聞かされた龍馬は、越前の松平春嶽(夏八木勲)を訪ねる。一方、龍馬と入れ違いに龍馬の兄・権平(杉本哲太)が、龍馬を土佐に連れて帰るため大坂にやって来る。その土佐では、武市(大森南朋)が山内容堂(近藤正臣)に、収二郎の命を助けてほしいと頼み込んでいた。

ChromeCast対応

21回 故郷の友よ

龍馬(福山雅治)は武市(大森南朋)の身を案じ、再び京の勝麟太郎(武田鉄矢)に相談に行く。そのころ、長州を中心とする過激な攘夷(じょうい)派が、朝廷から追放されるという「八月十八日の政変」が起こる。それを機に、土佐でも山内容堂(近藤正臣)が土佐勤王党の弾圧を本格的に開始。武市も投獄されてしまう。龍馬は武市のために土佐に戻りたいと勝に訴えるが、勝は龍馬ひとりが土佐に戻っても武市を救えないと引き止める。

ChromeCast対応

22回 龍という女

勝塾で航海術を学ぶ龍馬(福山雅治)たち土佐藩士に、勤王党弾圧を始めた山内容堂(近藤正臣)から帰国命令が届く。帰国を拒む龍馬たちは再び脱藩の身となってしまう。なつ(臼田あさ美)が「以蔵(佐藤健)を捜してほしい」と、龍馬たちを訪ねてくる。以蔵を捜しに京に向かった龍馬は、扇岩という宿屋に泊まり、そこでお龍(真木よう子)という女性と出会う。お龍の妹たちが、ならず者に連れ去られたと聞いた龍馬は…。

ChromeCast対応

23回 池田屋に走れ

神戸海軍操練所が完成し、龍馬(福山雅治)らは航海術の訓練に打ち込む。その中で、望月亀弥太(音尾琢真)はひとり思い悩んでいた。攘夷(じょうい)派が京を追われ、かつての勤王党の仲間たちは弾圧を受けていた。土佐では武市(大森南朋)が後藤象二郎(青木崇高)の厳しい追及を受けていた。亀弥太は操練所を抜け出し、京の池田屋に潜り込む。龍馬は亀弥太を操練所に連れ戻すため京に向かうが、亀弥太は新選組に襲撃される。

ChromeCast対応

24回 愛の蛍

池田屋に向かった龍馬(福山雅治)は、亀弥太(音尾琢真)の死を目の当たりにする。運よく逃げ延びた桂小五郎(谷原章介)は、新選組に挑もうとする龍馬を引き止める。龍馬はお龍(真木よう子)の家に身を隠すが、亀弥太の死を防げなかった自分自身にいらだっていた。一方、勝麟太郎(武田鉄矢)は池田屋の策謀に加わった浪士が海軍操練所にいたと責められる。龍馬は、お龍に亀弥太の志を認めるべきと諭され、海軍操練所に戻る。

ChromeCast対応

25回 寺田屋の母

龍馬(福山雅治)は船宿・寺田屋で、亡き母そっくりのお登勢(草刈民代)に出会う。お登勢に励まされ、龍馬は気持ちを新たに海軍操練所に戻る。そのころ、池田屋で多くの同志を殺された長州藩は御所に向かって進軍し、後に「蛤(はまぐり)御門の変」と呼ばれる、会津藩との戦いが始まる。薩摩軍の参戦で長州藩は総崩れとなり、久坂玄瑞(やべきょうすけ)も自刃する。龍馬は焼け出されたお龍(真木よう子)を寺田屋に預ける。

ChromeCast対応

26回 西郷吉之助

海軍操練所の閉鎖が決まり、龍馬(福山雅治)は勝麟太郎(武田鉄矢)の紹介で、薩摩藩の西郷吉之助(高橋克実)に会う。西郷は、操船技術を持つ龍馬たちを薩摩に引き取ろうと話す。龍馬は、長州を討った薩摩に従う気にはなれない。操練所を離れ、行き場のない龍馬たち。龍馬は薩摩の世話になるか悩む。同じ頃、弥太郎(香川照之)は武市(大森南朋)から以蔵(佐藤健)を毒殺するための毒まんじゅうを預かるが、食べさせられない。

ChromeCast対応

27回 龍馬の大芝居

龍馬(福山雅治)は寺田屋のお登勢(草刈民代)を訪ね、薩摩藩について話を聞こうとする。大坂の大和屋では長次郎(大泉洋)の妻・徳(酒井若菜)が、龍馬たちの行く末を心配していた。そこに、溝渕広之丞(ピエール瀧)が土佐から弥太郎(香川照之)の手紙を持って来る。手紙には、武市(大森南朋)や以蔵(佐藤健)が、厳しく追及されていることが書かれていた。龍馬は武市たちを助けるため、溝渕の手引きでひそかに土佐へ帰る。

ChromeCast対応

28回 武市の夢

龍馬(福山雅治)は、投獄された武市(大森南朋)をなんとか助けようとしていた。容堂(近藤正臣)は牢(ろう)の中の武市に会い、武市は自分が吉田東洋殺害を命じたことを認める。その後、龍馬は弥太郎(香川照之)の手引きで武市の牢屋に忍びこむが、武市は脱獄を拒み、「龍馬が日本を変えるのを楽しみにしている」と語る。そして、龍馬は大坂に戻り、仲間たちに「海軍操練所で身につけた航海術を使って日本を変えよう」と語る。

ChromeCast対応

29回 新天地、長崎

西郷吉之助(高橋克実)と小松帯刀(滝藤賢一)と共に、龍馬(福山雅治)たちは長崎を訪れる。龍馬は“藩の力を借りずに生きていこう”と考え、まずグラバー(ティム)に蒸気船を貸してほしいと頼む。次に、商人が集まる引田屋に乗り込み、外国から武器を買うために、長崎へ来た高杉晋作(伊勢谷友介)たちと出会う。そこに、西郷ら薩摩藩士たちも現れ、長州と薩摩の藩士が龍馬たちの目の前で刀を抜き、一触即発の事態に…。

ChromeCast対応

30回 龍馬の秘策

土佐の脱藩浪士・池内蔵太(桐谷健太)が、龍馬(福山雅治)を訪ねてくる。龍馬は池内に連れられて高杉晋作(伊勢谷友介)に会うと、高杉は「長州藩が幕府に従わず、戦い抜く覚悟である」と語る。龍馬たちは食い扶持(ぶち)を稼ぐためカステラ売りを始めようと、長崎の豪商・大浦慶(余貴美子)らに相談。慶は龍馬たちに興味を持ち出資を決める。一方で龍馬は、薩摩藩の西郷吉之助(高橋克実)に、長州と手を結べと提案するが…。

ChromeCast対応

国内ドラマ「龍馬伝」のキャストと製作陣は?

出演: 坂本龍馬 (福山雅治)

出演: 岩崎弥太郎 (香川照之)

出演: 武市半平太 (大森南朋)

出演: 平井加尾 (広末涼子)

出演: 楢崎龍 (真木よう子)

出演: 坂本乙女 (寺島しのぶ)

出演: 千葉佐那 (貫地谷しほり)

出演: 坂本八平 (児玉清)

出演: 坂本権平 (杉本哲太)

出演: 坂本伊與 (松原智恵子)

音楽: (佐藤直紀)

Twitterの口コミとネタバレ

ゆる~くいこう (@ptptmrmr)さんはTwitterを利用しています

万が一、「<{title_name}>」を違法動画サイトで見た場合は最悪どうなるか知っていますか?

警視庁のサイトで確認してみる

ネットで無料動画を検索したことがある方は、下記のようなサイトを目にしたことがあるかもしれません。

次のようなサイトは、すべて違法動画サイトです。

デイリーモーション、アニチューブ、アニポ、B9、Go Goアニメ、No Sub

「<{title_name}>」がどこかのサイトで無料で見られないかなって検索をしていた時、もしこれらのサイトでご自分が見たい作品が配信されていたら、「ラッキー!」って思うかもしれません。

お友達や知り合いに「ここのサイトで簡単に見られるよ」とお勧めされたことがあるかもしれません。

でも、違法動画サイトを利用する前にちょっと考えてみてください。

ご存じかもしれませんが、2012年10月に違法ダウンロードにまつわる法改正がありました。

作品を違法ダウンロードした場合、刑事罰の対象となると、取り締まりが強化されたのです。

今まで取り締まり対象とされていたアップロード行為だけではなく、違法に作品をダウンロードしたり、視聴するだけでも2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金の可能性があると、かなり厳しい内容になっています。

きっとニュースなどで耳にされたことがあると思いますが、「漫画村」という有名な違法サイトを運営していた星野ロミが昨年に著作権法違反で逮捕されたこともあり、今後取り締まりがますます厳しくなると予想されます。

どうせばれないだろう、捕まらないだろう、他の人もやってるし、などと甘く見ている人もいるかもしれませんが、警察にとっては違法動画サイト利用者の特定や住所特定はたやすくできるのです。

警察に捕まったり、罰金を受ける可能性だけでなく、他にも下記のようなリスクがあります。

  • 作品を違法ダウンロードすることに対する処罰や、違法動画サイトを利用して作品を視聴しているユーザーにまつわる情報の開示のリスク
  • スマホやパソコンがウイルスに感染してしまうリスク
  • スマホやパソコンが故障してしまったり、バッテリーの消耗が早くなるリスク
  • ご自身の個人的な情報の漏洩、何らかの金銭被害のリスク
  • 盗撮されてしまうリスク
  • 遠隔操作されてしまうリスク

 

月々に1,000円もしないような、たかだか1回分のランチ代よりも安い金額をケチってしまったことで、違法ダウンロードや視聴の罪で逮捕されてしまったり、罰金を受けたり、それが原因で社会的信用を失ってしまうリスクを考えると、違法動画配信サイトで動画を見ることにそこまで価値がありますでしょうか?

そんなリスクをおかすぐらいならば、今回ご紹介した有料動画配信サービス全3社のお試し期間を全部利用して、無料で楽しむ方が賢いと思います。

月額使用料を支払ってサービスの継続利用意向がなくても、お試し期間中の解約ならば料金は一切かからないとそれぞれの公式サイトに明記されているので、その点安心して利用することができますね。

 
作品数 見逃し配信の有無 無料期間
U-NEXT 130,000本以上 あり 31日間
FODプレミアム 20,000本以上 あり(フジ系) 1ヶ月間
Hulu 50,000本以上 あり(日テレ系) 2週間
 

 

大事なことなので、繰り返します。

有料動画配信サービスで一番お勧めなのは、U-NEXTです。

お試し期間が長い点と、配信されている作品がバランス良く揃っているところが他と比べて優れており、お勧めできるポイントです。

 

「<{title_name}>」を今すぐ見たい方、u-nextならきっと満足できると思います。
ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

  • ドラマやアニメが13万本以上見放題なのは業界でもトップ!
  • 31日間のお試し期間は他と比べても最長!お試し期間中に解約しても、違約金や解約金など一切発生しません!
  • 新作リリースもとにかく早い!
  • ダウンロードして作品視聴も可能なので便利!
  • 毎月1,200円分のポイントがプレゼントされ、ポイントを利用してマンガ2冊分を無料で読むことができるのでお得!
  • 国内ドラマ、洋画、邦画、海外ドラマの合計、何と14万本が見放題!
  • 雑誌も70種類以上が読み放題です!
  • アダルト作品は18,000本以上の取り揃えで、ブロック設定も可能です!

※ 継続利用希望がなくても、お試し期間中に解約することで、一切料金はかかりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました